在宅ケアに不可欠な存在について 「サービス提供責任者」の詳細を語ります。

サービス提供責任者の業務内容について

,

,

サービス提供責任者は、訪問介護サービスの業務全般を管理する職種です。
具体的な業務内容としては、利用者の登録やサービス提供の計画書の作成、ケアマネージャーとの連絡、ヘルパーの管理や技術指導など、現場で働く介護士たちのサポート業務になります。
特に重要なのは、利用者と担当ヘルパーの間で問題が生じないようなサービス提供の計画書を作成することです。
実際にサービスを提供するのは担当ヘルパーの仕事ですが、サービス提供責任者は、利用者とヘルパーとの間で認識の違いが生じないように、サービス内容を明確化した計画書を作らなければなりません。
利用者の状況は常に一定ではありませんので、状況に合わせて利用者の要望をきちんと汲み取る必要があるでしょう。

また、ヘルパーの管理や新人研修、技術指導などもサービス提供責任者の仕事になります。
時にはヘルパーと一緒に利用者宅に訪問し、サービス内容の確認や技術指導を行うこともあります。
そして、サービス提供の状況をきちんと把握し、ヘルパーと利用者との関係にトラブルが発生した場合には調整を行わなければなりません。
事業所によっては給与計算や書類作成、入力業務といった事務職を行うこともあります。
デスクワーク中心にも見えますが、ヘルパーに欠員が出た場合や緊急時は利用者宅を訪問し、代わりに介護する必要も出てきます。

このように、サービス提供責任者の業務内容は多岐にわたりますが、利用者にとってもヘルパーにとっても非常に重要な職務です。
介護業界で管理業務に携わってみたい方は、ぜひサービス提供責任者を目指すと、やりがいのある仕事ができるのではないでしょうか。