在宅ケアに不可欠な存在について 「サービス提供責任者」の詳細を語ります。

訪問介護における管理職とは・・・

,

,

訪問介護において重要なサービス提供責任者の業務内容は、利用者の要望を訪問介護サービスに活かしたり、現場のホームヘルパーの管理・監督をする事が主な内容になります。
施設にもよりますが、業務内容は他にも介護・看護関係者との連携や利用者へのサービスの提案をはじめ、人員不足の際には実際の介護業務に従事することもあります。
ですから、サービス提供責任者を目指す場合は、責任が重く業務内容もハードになることを覚悟しておきましょう。
しかし、その分様々な資格取得やスキルアップの機会もあるので、能力や会社の業績によっては手当や昇給につながり、他の職員のリーダーとしてやりがいを感じられるメリットもあります。

サービス提供責任者は、介護福祉士やホームヘルパー等の資格を取得していると、資格手当が付くこともあり、収入アップが期待できます。
更に、正社員になるとボーナスや昇給も加算されるので、モチベーションをキープして働けるでしょう。
とはいえ、管理職であるサービス提供責任者になるためには、ある程度の能力や知識が必要になります。
コミュニケーション能力やリーダーシップ、企画力といった様々なものを持っていなければ勤まりません。
それに加えて介護福祉士や看護士、准看護士等の資格を所有しているか、指定の研修を終了していなければ、なることはできません。

とはいえ、サービス提供責任者は、資格を取得し、経験や能力を培い、人との和を大切にできる人なら、誰でも目指すことができ、苦労と同時に喜びやステータスも得られるので、介護業界でキャリアを磨きたい方にはおすすめです。