在宅ケアに不可欠な存在について 「サービス提供責任者」の詳細を語ります。

介護業界でキャリアを磨こう(訪問介護編)

,

,

介護が必要な高齢者が増えるにつれて、介護業界に対する期待は高まってきていますが、他の業界に比べて過酷な仕事内容の割には低賃金な業界とも言われています。
そんな介護の現場で日常的に提供される身体介護サービスには、入浴サポートや排せつ介助などがあります。
入浴サポートでは、高齢者の体を抱えるような体勢になることが多く、繰り返すことで腰に大きな負担がかかってしまいます。
ひどい場合はぎっくり腰になってしまうこともあり、肉体的負担が大きな仕事の一つとされています。

また、排せつ介助は仕事とは言え、匂いや排泄物の処理に抵抗を感じてしまう人もいて、支給される賃金と労働が合わないと感じる人も少なくありませんし、介護業界でキャリアを磨くことが想像できない人もいるようです。
しかし、実は介護業界には明確なキャリアアップシステムがあり、誰でも平等に上を目指せるようになっています。
その中でも、介護職員実務者研修や介護福祉士資格などの介護資格取得者がなることができるのが、サービス提供責任者という役職です。

サービス提供責任者は、訪問介護事業所などには欠かせない存在で、多くの事業所が採用したいと考えています。
そのため、求人の数も多く、有利に転職活動を行えるというメリットがあります。
また、指定の資格を取得していることで、サービス提供責任者になることができるため、企業によっては資格手当などが付く場合もあります。
低賃金と言われることが多い介護業界ですが、介護資格の取得と現場経験を積んでキャリアアップをすることで、賃金アップの可能性も十分にあるのです。